システムクリニック  


 
大川寛 (Hiroshi Ohkawa)
株式会社システムクリニック代表取締役社長。CISA 公認情報システム監査人。
システムクリニック設立以前より、さまざまなコンピュータシステムに関するコンサルティングや開発に携わる。 その経験から、コンピュータ技術にフォーカスした少数精鋭の集団を作ろうとの思いに至り、1990年に株式会社システムクリニックを設立する。 以降、独自のアイデア・提案や情報網によって数々のプロジェクトを立ち上げ、技術者の集団を引っ張ってきた。 システムクリニック設立以来の最大のモチベーションである「新しい興味」を探す毎日であるが、仕事を離れると球技以外は何でもこなす多趣味で通る。
菅沼直昭 (Naoaki Suganuma)
株式会社システムクリニック取締役。工学博士。
技術者と起業家のマインドを両立できる場を求め、システムクリニックの設立に参画する。 以降、自らも情報システムの分析、コンサルティング、技術の研究・開発などに携わるとともに、技術担当責任者として技術陣の取りまとめや開発方針の策定を行う。 数年前からRDF(Resource Description Framework)を用いた知識処理をテーマのひとつとして取り上げ、研究・開発を行う。 休日には自らサッカー、トライアスロン、スキーなどを楽しむスポーツ愛好家でもある。
笛吹浩司 (Koji Usui)
システムクリニック創立以来、C++言語を中心にWindows/Macintoshプログラムの開発に従事する。 これまでに手がけたソフトウェアは、画像処理、データベースシステム、通信プログラムなど多岐にわたり、 MS-DOS、Windows3.1、漢字Talkといった時代から開発を行ってきた経験を持つ人物でもある。 最近はコミュニケーション技術全般に興味の対象を移し、 Peer-to-PeerやメッセージングシステムなどHTTPに限定されない通信技術とその上でのコミュニケーションデザインについて、 新しい発想を模索する毎日をすごす。コンピュータを離れると、無類のバイク好きでもある。
吉田和生 (Kazuo Yoshida)
入社以来C++を用いたWindows/Macintoshプログラムの開発に従事し、電子メールソフトウェア、映像機器関連ソフトウェア、 プロジェクト管理ソフトウェアなど多くの製品開発を手がける。さらに数年前より、Java/J2EE技術を用いたWeb開発に軸足を移し、 XMLを活用したソースコードの自動生成、J2EEフレームワークの設計・開発、オープンソースソフトウェアの開発プロセスへの統合など多くの成果を挙げ、 Web開発の効率向上に大きく貢献した。現在、Web開発技術分野のチーフエンジニアとして、 ソフトウェア開発プロジェクト管理システム:Ladybugの設計・開発を行っている。
 
お問い合わせ 技術紹介 システムクリニックトップ